Home » スカイプ英会話学校の評判 » イングリッシュタウン

イングリッシュタウン


イングリッシュタウンは、世界No.1のオンライン英会話学校らしいです。世界120カ国以上の一流企業にも採用されているプログラムだとか。Webサイトの仕上がりも良くてなんとなく安心できる感じはあります。
グループレッスンとマンツーマンレッスンの2本立てが特徴のオンライン英会話学校です。

毎日話して月額6,800円のオンライン英会話!ENGLISH CHANNEL




この「イングリッシュタウン」の概要は以下の通りです。

料金体系

グループレッスンのみの”Online School”コースと、マンツーマンレッスンも受けられる”Private Teacher”コースがあります。

“Online School”コースは月額6900円で、45分間のグループレッスンが30回受けられます。
それだけではなく

  • 参加型自己学習プログラムが利用可能
  • TOEIC/TOFEL対策プログラム利用可能
  • 学習者コミュニティ利用可能

とのことです。なかなか充実していますね。

“Private Teacher”コースは月当たりのレッスン回数でいくつかに分かれており

  • プライベート×4、グループ×12 ¥18800(6ヶ月)
  • プライベート×6、グループ×12 ¥25200(6ヶ月)
  • プライベート×8、グループ×12 ¥30400(6ヶ月)
  • プライベート×8、グループ×12 ¥28000(12ヶ月)

となっています。レッスン以外には、”Online School”コースと同じメニューに加え、ビジネス英語、業界別英語などのコースもあるようです。

レッスン時間

24時間

これはすばらしい。イングリッシュタウンは世界中で商売をしているので、こういうことになるのでしょう。夜更かし派も早朝派もこれなら文句ないでしょう。

教材

グループレッスンはその日のトピックを題材に進行するとか。マンツーマンレッスン用にはビジネス英語、業界別英語、TOEIC/TOFEL対策などの教材があるようです。
また、レッスン以外に利用できる参加型学習コンテンツは合計1500時間分用意されているようです。iPad用のものもあるようです。

イングリッシュタウンの特徴

“Online School”コースは、グループレッスンではありますが、45分×30回で月6800円ですからかなり安いです。毎日1回ではなく、月30回なので、時間の取れるときにまとめてやることができますから無駄も少ないでしょう。
“Private Teacher”コースはそれほど安く感じません、法人向け販売価格な感じです。しかし、費用は気にせずビジネス英語を上達させたい方には良さそうな内容ではあります。

どちらのコースでも魅力になるのは24時間レッスン可能ということでしょう。月30回のレッスンを無駄にしないで済むことが多いのではないでしょうか。

また、対人レッスンだけでなく、参加型学習コンテンツとしてショートムービーや単語、文法、発音、文例のトレーニングなど色々なオンライン学習コンテンツが揃っているのも魅力です。
話せば上手くなるというのもありますが、こういうコンテンツを利用して予習しておけばレッスン効率も高まるでしょう。

忙しくていつできるか分からないビジネスマンが、深夜早朝も含めやれる時に集中して取り組むのにいいスカイプ英会話学校だと思います。

このイングリッシュタウンのレッスンを受けられた方は、ぜひこの記事のコメント欄にイングリッシュタウンに対するコメントと評価を書いていただけると、検討中の方の参考になるかと思います。お手数ですがご協力いただければ助かります。

毎日話して月額6,800円のオンライン英会話!ENGLISH CHANNEL




VN:F [1.9.11_1134]
Rating: 2.8/10 (4 votes cast)
VN:F [1.9.11_1134]
Rating: 0 (from 0 votes)
イングリッシュタウン, 2.8 out of 10 based on 4 ratings

1 Respond for イングリッシュタウン

  1. Tanveer より:

    Please keep thownirg these posts up they help tons.

    VA:F [1.9.11_1134]
    Rating: 0.0/5 (0 votes cast)
    VA:F [1.9.11_1134]
    Rating: 0 (from 0 votes)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>