Home » スカイプ英会話学校の評判 » アイスイングリッシュ-Ays English

アイスイングリッシュ-Ays English


Ays Englishは、カランメソッドやTOEIC対策コースなど、カリキュラムに特色のあるスカイプ英会話学校です。英会話を楽しむというよりがっつり勉強するインターネット英会話学校でしょうか。

話せる英会話 Ays English



この「アイスイングリッシュ」の概要は以下の通りです。

料金体系

アイスイングリッシュは、ポイント制となっており、月あたりの回数制と90日有効のポイント制両方の料金コースがあります。

レッスンの内容に応じて1レッスンごとのポイント単価が2通り決められています。

<Aレッスン>-カランメソッド、TOEIC、ビジネスは1レッスン15ポイント
<Bレッスン>-テキスト、フリートークは1レッスン10ポイント

となっています。

月当たりの回数制だと4コース設定されていて

◆のんびりコース 225ポイント ¥6800(1日2レッスンまで)

  • Aレッスン-15回(単価¥453)
  • Bレッスン-22回(単価¥309)

◆毎日コツコツコース 450ポイント ¥11800(1日4レッスンまで)

  • Aレッスン-30回(単価¥393)
  • Bレッスン-45回(単価¥262)

◆毎日しっかりコース 900ポイント ¥18800(1日6レッスンまで)

  • Aレッスン-60回(単価¥313)
  • Bレッスン-90回(単価¥208)

◆集中コース 900ポイント ¥23800(1日8レッスンまで)

  • Aレッスン-80回(単価\297)
  • Bレッスン-120回(単価\198)

集中コースのBレッスンは凄いですね。毎日レッスン受けても3コマ受けられちゃいます。そこまでやれば上達は確実でしょう。

更に90日有効のポイント制もあり、ポイント制だけ利用もできますし、月回数制に更にアドオンして使うこともできます。

◆100ポイント/90日 ¥4000

  • Aレッスン-6回(単価¥667)
  • Bレッスン-10回(単価¥400)

◆200ポイント/90日 ¥7800

  • Aレッスン-13回(単価¥600)
  • Bレッスン-20回(単価¥390)

◆400ポイント/90日 ¥14500

  • Aレッスン-26回(単価¥557)
  • Bレッスン-40回(単価¥362)

回数制なのでもともと柔軟に受講スケジュールが組めますし、その上ポイント制も上乗せできるので、なかなか融通が効いて無駄にしなくても済みそうな料金体系です。

レッスン時間

平日7:00~25:00 土日12:00~21:00

教材

テキストレッスンでは市販の教材、カランメソッドやTOEIC対策では専用教材を使用とのこと。

画面でテキストを共有してレッスンを進めるシステムがあるようでなかなかよ良さげです。どのコースでもレッスン前にテキストを送るのでテキストの購入は不要らしい。

アイスイングリッシュの特徴

Ays Englishの特徴としてカランメソッドがあります。この教え方は、英語を英語のまま理解し反応できるようになることを狙ったレッスン方法のようで、先生の矢継ぎ早な質問に速攻で答え続けるというものです。相当疲れそうですが、かなり速く英語が身につくとも言われています。レッスン単価はフリー会話に比べ少し高めですが、4倍の速度で英語をマスター可能とも言われるので成果の単価は安いとも言えるかもしれません。

また、TOEIC対策コースがあるのも特徴的です。

楽しむ、慣れるというよりも、効率的に成果を出したい人向けのオンライン英会話学校でしょうか。料金も最安クラスというわけではないので成果を求めたいですね。

また、料金体系が、回数制やポイント制になっているので、やる日はやる、やらない日はやらないというメリハリをつけたい人向けかもしれません。

そして回数制が、最大で月120回のものまであり、更にポイント制レッスンもも追加できるので、ものすごく英語漬けになって頑張るから短期間で成果を出したいと言う人にも良さそうです。

話せる英会話 Ays English



このアイスイングリッシュのレッスンを受けられた方は、ぜひこの記事のコメント欄にアイスイングリッシュに対するコメントと評価を書いていただけると、検討中の方の参考になるかと思います。お手数ですがご協力いただければ助かります。

VN:F [1.9.11_1134]
Rating: 0.0/10 (0 votes cast)
VN:F [1.9.11_1134]
Rating: 0 (from 0 votes)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>